奈良県大和高田市で在留資格、介護事業、行政書士業務全般を行っているソフィア行政書士事務所のブログです。

在留資格サポートセンター

ビザサイトの代表プロフィール

当事務所は平成16年1月に開業してから、ビザ申請、帰化申請、国際業務をメインの業務として実績を積んできました。

次の代表プロフィールをご参照ください。

http://www.visa-center.net/profile.php

取扱い実績のある国は。

中国、韓国、パキスタン、ベルギー、フランス、ニュージーランド、ドイツ、アメリカ、カナダ、イギリス、インドネシア、フィリピン、台湾、香港、タイ、スウェーデン、ウガンダ、スペイン、ミャンマー、バングラディシュ、 イラン、フィジー、ベトナム、オランダ、ウクライナ、ギニア

アフガニスタン、オーストラリアを追加します。

行ったことのある国、地域は。

香港、ハワイ、アメリカ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、オーストラリア、サウジアラビア、UAEドバイ、台湾、ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルグ)

今年はエジプトを追加します。また、12月に台湾旅行を予定しております。

ネパール、カンボジア、ベトナムへお仕事でクライアント様と同行のお話もあり、実現すると仕事の幅が広がりそうと楽しみにしているところです。

業務だけでなく、海外の方と交流、海外の文化を知ること、海外旅行、海外ドラマ、映画を観ることも大好きです。

 

  • IMG_4414

会議@奈良ホテル

先週金曜日10月4日は、午後から奈良ホテルで会議でした。1時から6時近くまで会議。

 

110周年記念の歴史ある奈良ホテルでは、あちらこちらに展示物が。。

上村植園さんの「花嫁」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天皇陛下御即位を記念して「平成の大時計」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アインシュタイン博士が弾いたピアノ。1922年に2泊されたそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

南都楽所による雅楽演奏と舞。正倉院展で展示されるのと同じ年代のお面をつけていらっしゃったそうです。

  • IMG_4412

研修資料がやっと完成

来週10月9日は「在留資格手続きの基礎」と在留資格「技術・人文知識・国際業務」の2本4時間続けて研修講師を務めます。

資料が最新情報を用いて作成しないといけませんので、毎回、アップデートせねば! 思いのほか時間がかかりました。やっと完成。今から発送します。

資料、一生懸命作成してるんですよ~。

今日は、ビザ申請に関する相談3件来られて案件は4件、すべて着手することになりました。急ぎの件もあるので、早々に進めています。頭が少し疲れましたが、今からヨガでリフレッシュ!

明日は会議、明後日は🌸女性行政書士による女性のための無料相談会🌸に一日待機です。

 

 

外国人のためのビザ・帰化手続きに関する無料相談会

私も所属させていただいています行政書士入管手続研究会によるビザ帰化の無料相談会に相談員として出席します。

詳細は次の通りです。

日時:2019年9月29日 日曜日 午前10時から午後4時

場所:大阪国際交流センター3階会議室

大阪市天王寺区上本町8丁目2-6

電話番号06-6773-8989

費用無料、事前申し込みは不要です。

 

  • IMG_4400

花から元気

なんだか気分がのらないなぁ。釈然としないことが堂々巡りしている時。

花を買ってきて事務所に飾りました。

花から元気をもらおう!と思って。

さて、仕事仕事!

午前中は帰化申請のクライアント様がご来所。

午後は、出入国在留管理庁への登録支援機関登録申請、在留資格更新許可申請、建設業更新許可申請の書類作成、会議資料、来月の研修資料の作成が、盛りだくさん。

次に進んでいかなきゃですね。

 

 

 

 

 

国際情勢の講演会

9月10日は奈良公園バスターミナルレクチャーホールで 日米国際問題研究所理事長の佐々江賢一郎氏と奈良県新井知事の対談形式による講演会に出席。

レクチャーホールのステージ。カーテンを開けると若草山の借景がとてもきれいなすてきなホールでした。

佐々江氏のオバマ政権時及びトランプ政権時に外務次官や駐米大使を歴任されていた当時の話も大変興味深く、現在の激動する世界情勢についても学びました。

講演会の後に軽食懇親会が開かれていまして、知事と佐々江氏に挨拶させていただきました。グローバル化する日本社会においてもビザ申請のお手伝いができる行政書士として日本に在留する外国人の支援に貢献していきたいと話をさせていただきました。

 

ビザ相談のご紹介

先月と今月は同業者の先生や司法書士、税理士先生からのビザ相談のご紹介案件が多く、対応させていただいております。

中には、①着手するまでに検討していただくケース ②着手しても難しいケースは理由を説明し ③着手するケースは委任契約いただき ~と ご紹介していただいた先生にも、報告させていただいて進めています。

外国人のビザ案件、増えている気がしますね。

エジプト旅行の余韻に浸ることもままならず、ご相談と業務を進めています。

  • IMG_4574

✈to Egypt⑦ ギザ ハンハリーリ

できればEgypt①から7回の連続投稿になっていますので、①から読んでいただけると幸いです。

ルクソールからエジプトエアーでカイロへ✈

メリディアンピラミッズホテルへ。

ここのプールはピラミッドビューで有名。女性雑誌によく掲載されているので、楽しみにしていました。部屋からもピラミッドが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エジプト人の結婚式を見ることが出来ました。ロビーで綺麗な女性がいっぱい。何が始まるのと興味津々。太鼓や笛の演奏とダンスがはじまり大騒ぎ。サプライズでした。

クフ王、カウラー王、メンカウラー王のピラミッド スフィンクス

いよいよピラミッド見物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくでかい。ピラミッドの中もはいってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

狭いし、途中で中腰でかがみながら進む通路がありました。すれ違う人々に、「ここでどのくらいまで来てますか」と聞かれ励まし合いながら進みました。閉所恐怖症の方、少し厳しいかもですね、私はワクワク感満載!ミステリーハンター気分で楽しかったですよ~。😃

 

カイロのガイド、ノマドさんと。カイロ大学観光学科卒だそうです。とっても親切。旅を盛り上げてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、なぜかエジプトの女の子から一緒に写真を撮ろうと言われました。ガイドさんによるとエジプトの田舎から家族で旅行に来ている人は初めて日本人を見るから珍しい。写真を撮りたがるとのことで、数回一緒に写真におさまりました。

 

 

 

 

 

 

お約束のおふざけ写真

 

 

 

 

 

 

3つのピラミッドがうつるフォトポイントに連れて行ってもらい、馬鹿なおふざけ写真をいっぱい撮りました。(笑)

 

 

 

 

 

 

スークで有名なハンハリーリへ。

 

 

 

 

 

 

 

エジプト料理のコシャリ マカロニのトマトソースがけ いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

カイロをあとにドバイへエミレーツで。おまけ。

台風のせいで、ドバイから大阪行きがディレイ。一泊ドバイの空港近くトランジット用のビジネスホテルに宿泊。3回目のドバイ。ドバイモールでぶらぶら。ランチとお茶をしただけなのに高かった。恐るべしドバイ。2020年、万博の時に来れたらいいな。。日本もパビリオンを出展するようです。

 

 

 

 

 

 

 

エジプト旅行、ご参考にしていただけたら幸いです。不思議、謎、ミステリーいっぱいの旅でした。そして、サプライズもたくさんあった旅でした。

エジプトの観光ハイシーズンは11月から2月と言われていますが、8月は観光客が少なくて体力があれば夏を満喫できて本当に良かったです。ガイドさんから聞きましたが年末年始は一番多くて観光が大変だそうです。

ピラミッドパワーをいっぱいもらってきましたよ!

非日常感がいっぱいのエジプトまた再訪したいけど、それはインシャッラー(神のみぞ知る)

 

*今までエジプト旅行記お付き合いくださりありがとうございました。

  • IMG_4485

✈to Egypt⑥ ルクソール西岸

ハトシェプスト女王葬祭殿

崖を利用した3階建ての葬祭殿。日陰がなく暑かった~の一言です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑さ対策にもっていってよかったもの

◎ 大きな帽子、サングラス、しろくまのきもち、

✖ ハンズフリーの扇風機(熱風が巻き上げられ効果なし) 日傘(なぜか使わなかった)

遺跡巡りにはサンダルよりスニーカーがマスト。

 

王家の谷

ここも暑かった~。ツタンカーメン王のお墓の壁画がきれいに残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツタンカーメン王のミイラもここに設置されていましたが、撮影はしませんでした。

その他の王のお墓も行きました。壁画がきれいに残っています。とても乾燥している気候なので、劣化せず残っているらしいです。

 

 

 

 

 

 

  • IMG_4351

✈to Egypt⑤ ルクソール東岸

Egypt④のQのアンサーです。

 

 

 

 

 

 

 

ルクソール神殿

アメンヘテブ3世、ラムセス2世、ツタンカーメン王が建設、修復に関わっています。クレオパトラがローマの英雄シーザーと訪問したともいわれています神殿。

第一塔門とオベリスク

もう一対の右のオベリスクはパリのコンコルド広場にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日があたって大列柱廊の柱が美しい。

 

 

 

 

 

 

カルナック神殿

エジプト最大級の神殿。

 

 

 

 

 

 

ここにもラムセス2世が。

 

 

 

 

 

 

この大列柱室、今回の旅で来たかったところです。圧巻の柱とレリーフの数々

 

 

 

 

 

 

 

 

スカラベの彫刻

スカラベとはコガネムシの一種でフンコロガシの事です。フンを丸めて転がす姿が太陽を押し上げている姿に見えると聖なる虫として崇められ、再生と永遠の象徴と信じられています。

7周回ると願いが叶うと言われ、回りました。今回の旅に度々現れる96歳まで長生きしたというラムセス2世にあやかれるように長生きを願いました。(笑)

3周目くらいからジョインしてきたスペイン人の団体さんたちと大笑いしながら回りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

各公式ホームページへ