介護保険法の改定により、定員18人以下の指定通所介護事業所については、平成28年4月1日以降は地域密着サービスに移行することになりました。地域密着型サービスへ移行すると指定権者が奈良県、大阪府等都道府県から各市(町)に変更し、基準についても各市(町)で定めた基準に基づいて事業をすることになります。

平成28年3月31日時点で指定を受けている事業所については、地域密着型通所介護事業所として指定があったものとみなされるため、改めて指定申請をする必要はありません。また、事業所の所在地以外に在住する利用者で平成28年3月31日時点で利用されている利用者については、それぞれの市町で指定があったものとみなされ引き続きサービスを利用することができます。

定員18人以下の地域密着サービスは原則、所在市(町)の住民のみが利用することになります。ただし、所在市(町)外からの利用希望者がいる場合、事業所所在市(町)と利用者の保険者である市(町)の双方の同意があれば、利用者の保険者である市(町)からの指定を受けて利用者を受け入れることができます。

奈良県では今月中申請3月1日指定までは定員18人以下の通所介護事業所であっても申請受付していただいていたので、今月中に申請するかどうかで物件が見つかるかどうか。。。のご相談者様もいらっしゃいます。新規指定申請時に、利用者さんが定員いっぱいのケースは少ないので、確保できた人員で10人定員で新規申請完了し、のちに増員するという方法ができたのですが、これからは確保できた人員で定員少な目で指定に臨むという方法はできなくなりましたね。。

また、所在する場所も重要になってくると思います。

通所介護のご相談、承っています。