奈良県大和高田市で在留資格、介護事業、行政書士業務全般を行っているソフィア行政書士事務所のブログです。

Monthly Archives: 3月 2008

  • yume.jpg

奈良の新しい食事スポット「夢しるべ風しるべ」

昨日は県庁へ福祉用具貸与と販売の指定申請に行き、近くに「夢しるべ風しるべ」という新しい奈良の特産品などをあつめた集合飲食施設ができていたのでランチのために早速行ってきました。吉野葛や柿の葉ずしなどのレストランがあります。ゆっくりくつろげました。奈良で時間に余裕があるときはここでランチするのもいいなあと思いました。近くの氷室神社の桜はすでに満開で一番桜と呼ばれているそうですね。

協議離婚合意書と公正証書

今日は事務所内で無料相談会を実施しました。ならリビングに掲載されたので、女性からの問い合わせが多く、今日も離婚関係の相談が多かったです。

主に協議離婚のときに決めておく事項、財産分与、養育費、面接交渉、親権、監護権についての説明と養育費と面接交渉については離婚後継続して続くことは、強制執行任諾約款をいれて公正証書を作成されることを勧めました。

また離婚のことを相談したことが初めてだとおっしゃる相談者の方がいらっしゃっいました。離婚した後のトラブル回避にもなりますし、文書にしておくことの事項がもれていないかの確認の意味も含めて、私たちのような専門家に相談されることをお勧めします。相談すると費用がかかるのではないかと危惧するよりは、まず相談してください。その後、合意書作成するか公正証書作成の立会いを依頼されるかはお客様のご判断です。

おふたりの間に子どもがいらっしゃる場合は子どもに関する取り決め、離婚後の子どもの氏をどうするか、婚姻の期間が長い場合は年金分割も関係してきます。離婚に付随する手続きについてのアドバイスもしております。

お花見

事務所近くの大中公園の桜が咲き始めています。春の陽気に誘われて、近くの法務局葛城支局、総合庁舎の県税事務所、高田市役所へ、桜の開花チェックをしながら歩いて行き用事をすませています。

満開の中夜桜も楽しみだわーと思いつつ、実は花よりビール?の私です。

無料相談会

21日 ならリビングの耳より情報に当事務所にて橿原市の松塚行政書士と女性行政書士ふたりで対応する無料相談会(28日、午前10時から午後4時開催)の案内が掲載されました。

21日掲載当日、数件の問い合わせがありました。事務所のスペースに限りがありますので、事前に予約をしていただいておりますので、お電話いただきますようよろしくお願いします。

今回の広告を載せる話も知り合いの社長さんから、ならリビングの担当者さんをご紹介いただき実現しました。

奈良リビング

事務所の無料相談会の案内がのります。明日の奈良リビングですので、どこにのっているか探してくださーい。

大峯山ごろごろの水

天川村洞川の名水(別名 ごろごろの水)を時々実家の父が汲みにいったものをもらってコーヒー用の水に使っています。この水でコーヒーをいれるとまろやかな味でとてもおいしいんです。

この水とタリーズで買ってきた豆でできたコーヒーでおもてなししています。

午後の活動

大阪入国管理局奈良出張所へ申請に行き、奈良県庁へ。介護事業所さまの変更届の申請などで2箇所行って帰りました。

在留更新許可申請

在留期限満了日の2ヶ月前から更新許可申請ができます。約1年前に在留資格認定証明書交付申請した申請人の方とその申請人を雇用している会社の社長から更新許可の依頼がありました。初めてお会いしたことがつい最近のようなのですが、1年はすぎるのが早いです。

日本語のレベルも高くて、外国人とは思えないほど礼儀正しい挨拶をする申請人と若い社長さんです。ビジネスもますますご発展されますように心から応援しています。

Celine Dion in Osaka

昨日京セラドーム大阪でセリーヌディオンのコンサート行ってきましたー。

迫力のある声で鳥肌ものでした。

伊藤由奈が途中でジョイン。セリーヌの誕生日が3月30日で近いのでチョコレートケーキを持って登場し、「ハッピーバースデイ」を歌ったり、コラボ曲”A World to believe in”を一緒に歌ったり。

アンコール曲は映画タイタニックでおなじみの”MY HEART WILL GO ON”でしっとりと聞かせてくれました。

オールスタンディングかなとベタ靴をはいていったのに、立つ必要はなかったです。

パワフル友人その1

某大学の准教授の友人が2年前1年間、小学生の子どもをつれてニュージーランドへ研究のため滞在していました。彼女のブログからNZの生活の様子がよくわかります。子どもちゃんもいい経験をいっぱいしたようです。彼女の家族の方の理解があると思いますが、やりたいことをどんどんやっていくところがパワフルー!と刺激をうけます。

中国へ出張に行く話が出たときには行く間の家のことなどが先に気になって「行けるんかなあ。」って3日か4日程度のことでも色々考えてしまいました。海外出張に行くことがこの仕事を始めたときからのひとつの目標だったので話が決定したら何が何でも実行したいと思います。

帰国してからも時々NZへ行っている彼女ですが、昨日電話したらたまたま日本帰国したばかりの彼女をキャッチしました。二人で「うわー。グッドタイミングー。」とエドはるみ になりながら盛り上がりました。

各公式ホームページへ