奈良県大和高田市で在留資格、介護事業、行政書士業務全般を行っているソフィア行政書士事務所のブログです。

Monthly Archives: 2月 2008

建設業の法人成り

午後1番に来客。建設業の法人成りで法人の許可申請と同時に個人の廃業届けを申請しますので、法人の許可がおりるまでの間(約1ヶ月)500万以上(建設、土木は1500万以上)の工事が受注できないので、要注意なんです。その許可申請の時期がいつがいいのか打ち合わせしました。

介護タクシーの申請に行きました。

一般乗用旅客自動車運送事業 (介護タクシー)の申請は締め切りが毎月末日で、翌月10日前後に常勤の役員対象に法令試験が実施されます。タクシー申請の依頼があったときにはできるだけ、その依頼の月末日までに申請して翌月の試験には受験していただくようにしています。法令試験も難しくなり、忙しい事業主の方、役員の方に勉強して受験していただくのも大変なご苦労なことですし、月に1度しか受験する機会がないので、なるべく早めに受験していただくほうがいいと考えているからです。昨日印鑑いただき、出来上がったばかりの申請書類を持って午前中奈良陸運支局へ申請に行きました。

奈良県行政書士会国際グループ部会

国際グループでは2ヶ月に一度勉強会をしています。今回は「人文知識・国際業務」在留資格認定証明書交付申請のケーススタディと許可要件について勉強をしました。

  • 同業者とランチミーティング

同業者とランチミーティング

行政書士仲間とランチしながら打ち合わせしました。女性行政書士の集まりで、女性のためのくらしと法について原稿を関西電力のHPに掲載させていただいてます。http://www.kepco.co.jp/nara/ichi-volt/ru/index.htm

次年度のテーマについての打ち合せや最近の業務についての情報交換をしました。仕事のこと家庭のことなど、同業者なのでわかりあえることがたくさんあり、お互い活躍している話を聞くと刺激になる貴重なメンバーです。

picture006.jpg

奈良県行政書士会の事務局

事務局が近鉄奈良駅の近くに移転しました。これから国際グループ主催の外国人在留資格無料相談会も実施場所が奈良へ移転しましたので今後相談会へ来られる方は場所を事前にご確認ください。奈良県行政書士会のHPをご参照ください。次回は3月21日(金)午前10時から午後12時に相談会を主催していますが、当日ご都合の悪い方は別の日に対応しますので、ご連絡ください。

行政書士記念日

今日は行政書士記念日です。昭和26年2月22日に行政書士法が公布された日で、この日を記念日とした平成20年が最初の年です。行政書士の自覚と誇りを促し、組織の結束と制度の普及を推進する日です。

体力づくり

寒い日が続きますね。体に何かいいことしていますか?

私は2年前からホットヨガに通い、体力づくりをしています。毎日、パソコン作業か車の運転で肩こりがひどくなり「やる気はあるけど体がついてこない。」状態になり、このままではいけないとホットヨガを始めました。ホットヨガとは部屋の中を高温多湿に保った中でヨガをしますので、体がよくのびてポーズがキープできます。最近になって体質の変化に気づきました。

腰痛がなくなり、花粉症が楽になり、足のむくみがなくなり、就寝中、口呼吸だったのが鼻呼吸になり喉も痛くなくなり、体力がつきました。この冬、風邪をひいていません。

ホットヨガ、お勧めです。

常に体調がいい状態でお客様に会うことができ、ベストな対応ができるようにと考えています。中には、私のほうが元気をいただくくらい楽しいパワーのある社長さんもお付き合いさせていただいて、つい長居してしまうこともありますが。。。

外国人留学生の紹介サイト

人材派遣会社が新卒の外国人留学生の紹介サイトを開設したり、技術者や国際業務の職種を対象に国内外で就労志望者を募り仕事を紹介するようです。高齢化で日本の30年後の労働力人口は06年の6700万人から1000万人減る見通しで、積極的に外国人を雇用する会社が増えているようです。スムーズに外国人雇用できるように在留資格取得に関する手続きについて、お手伝いしたいです。

在留期間更新許可

4月に在留期限が切れる外国人の方を雇用している企業様へ更新許可の案内を出しました。期限の2ヶ月前から申請受理されますし、年度変わりの3月、4月は特に混み、審査にも時間がかかりますので、早めに対応させていただきたいと思います。

上海

中国、上海に旅行で行っていた友達から写メールが届きました。ランドマークの上海タワーもばっちり写っていました。フライト時間も行きは2時間、帰りは1時間半で近いんですね。上海蟹がおいしい時期ですよね。私も行きたいです。同じころ中国、新疆に帰国しているお客様からメールがとどき、申請に必要な書類がそろいつつあるので、在留資格認定証明書交付申請の書類作成にとりかかります。

各公式ホームページへ